3月もあとちょっとで終わり。

再来週にはロシアだ!!

ブログの更新が空いてしまったのでちょっとおさらいをすると、4月の11日に日本を出発し、ロシアに行ってきます!
まずはモスクワに行ってInternation Bondage party ≪MOSCOW KNOT≫というイベントに参加してきます。

Official website of Internetional bondage party "Moscow knot" is open!! モスクワKNOTのオフィシャルwebサイトが出来ました!!

(※英語版とロシア語版しかありませんがコチラ↓↓↓です)

MOSCOW KNOT Official websitehttp://bit.ly/10v7sl6

イベントは、ロシア時間の12~14日の3日間です。私たちは今のところ13日にライブをすることになっています。
で、12日か14日のどちらかに、もう1回ライブをすることになるようです。
ライブ以外には、インタビューだったりワークショップ(講習会)だったりをするみたい!!

どうやら世界各国から色々な方々が集まるビッグイベントのようです!
イベントの詳細を見ると「ダンスパーティー」とかも書いてあるんだけど・・・どういうこっちゃ!
「行ってみないとわからない」な部分も多いですが、とてもドキドキ&楽しみです☆

で、その3日間のイベントが終わったあとはサンクトペテルブルグに移動して16日,17日と講習会をする予定です。
合間は移動や食事,観光などのスケジュールが決まっているのですが、スケジュール表を見たら結構カツカツなスケジュール。
(現地の日本人スタッフのかたがスケジュールを立ててくれていて、エスコートもしてくれるようです☆)

私はまだ若いからいいけど、おやじ・・・じゃなくて50代の奈加さんにとってはとてもハードなんじゃないかと少々不安。
酒飲みおや・・・酒飲み奈加さんがウォッカ飲んでご機嫌になりすぎないようにしっかり監視しなくては!!
スケジュールの欄に「おやじの監視」と付け加えておこう。

第百二十六話 ふんどし先生&ふんどしクイーン!?(ちょい追記あり)

そうそう奈加さんの提案で、「ロシアに行ったら“ふんどし講座”をしよう!」という話になってるんです☆

facebookで海外のかたの緊縛写真を見かけると、たまにふんどしのかたもいて。
でも締めかたがちょっと緩そうだったりで「ちょっと奥さん!具が見えそうよ!」という感じだったりもするので
奈加さんが「正しいふんどしの締めかた」を伝授しようということになったのです!!

ふんどし先生(奈加さん)は「いろはを“ふんどしクイーン”にして世界中にふんどしを広めよう!」とおっしゃってました。

・・・うーん、まずいぞ。これは少しでもふんどし姿の見栄えを良くすべく、プリケツ運動(引き締め運動)頑張らねば~!!

で、現地で「ふんどし欲しい!」というかたがいらっしゃったら、その場でそのかたのサイズに合わせて切り売りする形になる予定です☆

私自身もふんどしLOVEで、以前ふんどし先生にふんどし講座を受けさせて頂きまして、
それからはクラスAの撮影会のオプションに「ふんどし」をつけております。
撮影会では3分の2くらいのかたは「ふんどしで!」とリクエストしてくださいます☆

撮影会のときは「白ふん」,「赤ふん」,「豆絞りふん」の3種類をランダムに持っていっているのですが
「ロシアに行くときは豆絞りが良さそうだな!」と、ふんどし先生がおっしゃってたので
ロシアには豆絞りのさらしをロールで大量に持っていくことになりそうです☆

↓ちなみにふんどし先生から伝授して頂いたふんどしの締めかたは、こんな感じです!

第百二十六話 ふんどし先生&ふんどしクイーン!?(ちょい追記あり)

第百二十六話 ふんどし先生&ふんどしクイーン!?(ちょい追記あり)

↓ふんどし[FUNDOSHI]豆絞り[MAME SHIBORI]

mame.jpg

海外の緊縛愛好家の方々と触れ合えるこんな素敵な機会を頂けたことに感謝しつつ、ロシアをガッツリ楽しんできたいと思います☆

と、そんなわけで「あきら&いろは珍道中~ロシアの巻~」のレポお楽しみに~!!

(行く前にまたブログ更新できたら更新します☆)

『SMネット』にて「紙のブログ 紫月いろはで御座います」連載中!!

お求めはコチラから↓↓↓

≪サニー出版≫SMネットhttp://sunny-pb.com/

第百二十六話 ふんどし先生&ふんどしクイーン!?(ちょい追記あり)

第百二十六話 ふんどし先生&ふんどしクイーン!?(ちょい追記あり) スポンサーサイト
FC2コンテンツマーケット - http://adult.contents.fc2.com/
見てはいけない。見てしまったら最後!

Authors: Iroha Shiduki

Ver fuente original del articulo