羞恥ロリータ小説「町内会で飼われる少女」【9】

毎週月曜日更新!

小林電人の禁断アブノーマル小説、待望の第三作目がついに登場!!

やんごとなき事情から町内会のスケベ親父たちに「飼われる」ことになった、薄幸の微乳美少女。彼女はどんな体験を噛み締めなければならなかったのか――。羞恥の鉄人・小林電人と気鋭のイラストレーター・浦野つかさが満を持して放つ官能ロリータ・ファンタジー!
「町内会で飼われる少女」【9】

「い、いやっ、何をするの......」

開ききった自分の股間に近づいてくる女将に、愛美は怯えた声を上げる。女将の手には筆と、たっぷりのトロロ汁が満たされたすり鉢が抱えられている。

「ふふふ、じっくり味わってね」

女将は筆先でトロロ汁をすくい上げると、それを愛美の敏感な肉芽へと触れさせた。包皮からほんの少しだけ顔をのぞかせたピンク色の部分をチョンっと刺激する。

「あ、あっ」

ついさっきも橋崎の箸で、その部分をいじくり回されたばかりだが、細い筆の先で触られる刺激は強烈だった。愛美はビクンと拘束された身体を震わせ、のけぞらせた。

「本当に感じやすいのね」

女将はさらに筆先で愛美の最も敏感な部分を刺激していく。

「や、やめてぇ......」

愛美は悲鳴を上げる。取り囲んだ男たちは息を飲んで見つめていた。艶やかな和服姿の年増の美女が、拘束された全裸の美少女を責めている光景は、なんとも背徳的でエロティックだった。

「あらあら、お汁がどんどん溢れて来るわ。まったくいやらしい子ねぇ」
「ああ、違うわ。......違うんです」

愛美はいやいやと首を振って否定するが、ぴったりと閉じた肉の扉から、透明の汁が溢れ出ていることは自分でもわかった。ジーンと下半身が痺れて熱くなっている。感じてはいけないと必死に耐えようとしても、身体が言うことを聞いてくれないのだ。

「ふふふ、いつまでそんなこと言ってられるかしらね」

女将の筆先は愛美の肉芽を刺激しているだけではなかった。抱えたすり鉢の中のトロロ汁を、その部分へと塗りこんでいるのだ。

そして、その効果が現われ始めた。

「あっ、ん、んん、か、痒い......」

愛美は真っ赤に上気した顔を歪めた。筆先で嬲られていた肉芽が燃えるように熱くなり、そして激しく疼いた。猛烈な痒みが襲ってきたのだ。

「あら、効き目が出てきたみたいね」

女将はチョンと筆先で肉芽をくすぐる。

「ああっ、止めて......」
「ふふふ、痒いんでしょう? ジンジンと痺れて、熱くなってきているでしょう? 誰かに掻きむしってもらいたいんでしょ?」

図星だった。痒くて痒くてたまらないのだ。ただでさえ敏感な肉芽だ。どうにも耐えられるものではない。愛美は痒みと戦い、腰と脚をブルブルと震わせている。

「でもね、東上橋の山芋は痒いだけじゃないの。快感を何倍にもしてくれる特殊な成分が入っているのよ。昔から女殺し芋なんて言われてたくらいだから。これで、クリちゃんを舐められたら、もの凄い快感なのよ。痒みも一気に吹っ飛ぶわ」

愛美の白い肌には小さな汗がびっしりと浮かんでいる。目は虚ろになり、息も荒くなっている。パッと見には快感にとろけてしまっている状態のようだ。

「ねぇ、アソコを舐めてもらいたくなったんじゃない? 舐めてもらったら、痒みもなくなるし、すっごく気持ちよくなるのよ」
「ん、んん......」

愛美は答えない。目をつぶり、必死に歯を食いしばって痒みに耐えている。

「舐めてもらいたくなったら、ちゃんと自分でそう言うのよ。ここにいる素敵なおじさまたちが、いっぱい舐めてくれると思うわ」

それを聞くと男たちは一斉に頬を緩めた。

「もちろんだよ、愛美ちゃんのお願いならば、もちろん聞いてあげるさ」
「たっぷり舐めてあげるよ」
「こう見えても、舐め技には自信あるんだからね、おじさんは」

誰もが、舐めるのは自分だとばかりにアピールし始めた。

愛美は苦悩していた。強烈な痒みと疼きから、一秒でも早く解放されたい。しかし、あのいやらしい男たちに自分から舐めて下さいなどと屈辱的なお願いなど出来るはずがない。そんなことを口にするくらいなら、気が狂ってしまったほうがましだとまで思う。

もちろん、そう簡単に気が狂えるわけもない。愛美の理性は少しずつ薄れていく。この痒みから逃れることで頭がいっぱいになる。

そして、ついに屈辱の言葉を口にするのだった。

「あ、ああ......。お願い......」
「なぁに、愛美ちゃん」
「もう、だめ、助けて下さい」
「どうして欲しいのか、ちゃんと言わないとわからないわよ」
「......めて、下さい」
「聞こえないわ」
「ああ、舐めて、下さい」
「どこを舐めて欲しいの? おっぱい? それとも唇?」
「ああ、そんなこと言えません......」
「でも、言わないとわからないわよ。その痒いところを舐めて欲しいんでしょ?」
「は、はい。お願いします。もう、もう、おかしくなっちゃう......」
「だめよ。ちゃんと言うの。愛美のクリトリスを舐めて下さいって」
「い、言えません。もう勘弁して......」
「じゃあ、ずっとこのままよ。あなたがそうやって苦しんでお尻をクネクネしてる姿、おじさんたちは喜んでるみたいだから、もう少し見せてあげていればいいわ」
「......だめ、もう、我慢できません」
「じゃあ、ちゃんと言いなさい。愛美のいやらしいクリトリスをペロペロ舐めてくださいってね」
「......ま、愛美の......、く、クリトリスを......」
「だめよ、愛美のいやらしいクリトリスをペロペロ舐めてください、だからね。ちゃんと全部言うのよ」
「愛美の、いやらしい、ク......クリトリスを、ペロペロ、舐めて、舐めて下さいっ」

最後のほうは、もうヤケになったようだった。

「ちゃんと言いました。だから、だからもう助けて下さいっ」

愛美は切なげに腰を振りながら訴える。女将と男たちは、清純な美少女に淫らなおねだりを口に出させたことに満足して、ニヤニヤと笑っている。

「じゃあ、どなたが舐めてあげますか?」

女将が男たちを見渡すと、たくさんの手が上がる。

「おれ、おれ、おれが!」
「いや、おれにまかせろ」
「ずるいぞ、おれにも!」

北村が困ったように女将を見た。誰を選んでも喧嘩になりそうだ。

「なにしろ愛美ちゃんの初めてのクンニ相手ですからねぇ。これはそう簡単には決められませんね。そうだ、女将にお願いできますか? 申し訳ないですけど」
「え、私でいいんですか?」

もともとレズの気もあり、若い女の子をいたぶるのが大好きな女将だ。文句のあるはずがない。そして男たちも美しい女将と愛美のレズシーンとなれば、これは見ものだとおとなしくなった。

「あ、あ、早く......」

もう愛美は気絶寸前だった。そんなやりとりも耳に入っていないようだ。

「ふふふ、それじゃあ、遠慮なくいただくわ。愛美ちゃんのアソコ、舐めちゃうわよ」

女将は大きく広げられた愛美の股間の前でしゃがみこむ。

「おっぱいは小さいし、顔もあんなに可愛らしいのに、ここはモジャモジャなのね。ふふふ、しかもグッショリと濡らしちゃって。いやらしい子ね」

女将は舌を伸ばす。濃いピンク色にヌメヌメと輝くその舌は、驚くほどに細く長かった。舌は、まず腿の付け根を這いまわった。

「あ、ああん」

愛美は腰をビクンと跳ねさせた。望んでいた場所ではなかったが、女将の舌は強い快感を愛美に与えたのだ。

チロチロチロ......。肌に触れるか触れないかのギリギリで舐め上げていく女将の舌。女の官能のツボを知り尽くしている女によるテクニックに愛美は翻弄されてしまう。

愛美が刺激を求めている肉芽のすぐ周囲まで舌は這い寄って行くのだが、その直前まで来ると方向を変えてしまう。もう少しで、と思うとお預けをさせられてしまうのだ。

「ああ、もう、意地悪、しないで、下さい......」

愛美はたまりかねて懇願する。これではまるで生殺しだ。痒みと疼きはさらにひどくなっていく一方だ。

「そんなに舐めて欲しいの? 愛美ちゃん」
「ああ、舐めて欲しいです」
「ふふふ、どうしようかなぁ」
「お願い、意地悪しないで。舐めて、舐めて下さい!」
「そんなに頼まれちゃ、しょうがないわね」

そう言うと、女将は大きく息を吸い込んで、そして愛美の股間に吸い付くようにして顔を埋めた。

「ひぃーっ!」

その瞬間、愛美は拘束されていることも忘れたかのように激しく身体をのけぞらし、そして絶叫した。

女将は口で肉芽を吸い上げ、そして剥き出しになった部分に強烈な勢いで舌を擦りつけたのだ。それは女将の得意技だった。このテクニックによって数多くの女性を、レズの魔道へと引きずり込んだのだ。

まるでローターのような勢いで素早く動く舌先が吸いだされた肉芽を刺激する。女は電撃を受けたかのような凄まじい快感に襲われる。ましてや、女殺し芋の痒さと疼きに長時間嬲られ、敏感になっていた愛美である。その衝撃は意識を失ってしまいそうになるほどだった。

「ああっ、あっ、だめ、だめですっ、こ、こんなの初めて、ああっ、怖いっ! 私、私、おかしくなっちゃう。いやっ、いやぁ~っ」

女将は舌で激しく肉芽を責めながら、同時に指も動かし始める。ヌラヌラと蜜を吐き出しつつも、ぴったりと口を閉ざした愛美の肉門に中指をあてがった。乱暴に突っ込むようなことはせずに、ゆっくりじわじわと指を沈めていく。激しく濡れているせいか、さほどの抵抗もなく、指はスムーズに入っていく。

「ああっ、ああっ、いやぁ。すごい、すごいの。ああん、だめぇ、だめなのぉ!」

その凄まじい女将の責めの光景を男たちはあっけに取られながら見ていた。

「す、すげえな」
「さすが女。同性のツボはわかってるってことか」
「あの可愛い愛美ちゃんが、あんな声を上げるなんて」
「レズって、相当いやらしいもんだな」

処女膜を傷つけないように細心の注意を払いながら、女将はゆっくりと指を出し入れし始めた。同時に肉芽を責める舌の動きは全く止まらない。

「あっ、あっ、あっ......」

さっきまで愛美を苦しめていた痒みと疼きは、もうどこかへ行ってしまっている。今、愛美に襲いかかっているのは、意識が飛んでしまいそうなほどに強烈な快感だった。

もちろん、愛美にとっては生まれて初めての体験だった。目の前が真っ白になって、もう何も見えていない。何も聞こえない。そして何も考えられない。

「ひ、ひ、ひ、ひぃぃぃっ」

愛美の声がひときわ高くなり、身体が跳ね上がる。愛美を乗せている台車が倒れてしまいそうなほどに暴れている。

「だめ、死んじゃう。ああっ、死んじゃう。ああっ、もう、だめぇ!」

絶叫と共に、愛美の身体が大きく震えた。

それは愛美の生まれて初めてのエクスタシー体験だった。それまでも興味半分に自分の身体を触り、慰めてみることもあったのだが、絶頂を迎えそうになると恐くなって手を引いてしまっていたのだ。

そして、今、その限界を越えてしまった。何かが愛美の身体を突き抜け、遠くの空の果てまでも飛んでいってしまった。

意識を失って、ぐったりとしている愛美を見ながら、女将は満足そうだった。

「この子、ずいぶん感度もよさそうね。とっても素敵なおもちゃになりそう」

(続く)


小林電人、AV作品最新作「1年S組 高橋真弓のおしおき 完全版」発売!!

関連記事

禁断ハード・ブリーディング・ノベル 赤い首輪

 

Authors: SMsniper

Ver fuente original del articulo http://sniper.jp/005novel/0053neighborhood_association/9_8.html