こんにちは神凪です

最近自分の弟子が神凪のライブを見て面白いことを言った

『SMがしたいです』

???ちーん

その時は何も言わなかったが
今まで何をしてきたんだ?おい!
今まで縄をかけ、鞭で打って、蝋燭たらして
いったいそれは何だったんだ?と突っ込み所が満載だが(笑)

まあいいよ
遅くてもそれに気づけばまだ良しだ
ただ本当にわかったのか、それとも口だけなのかは
彼のライブを見ればすぐわかる

口では何でも言える
だけどそれを実行できる力・気合が必要で
やる!と男が口に出したのなら有言実行しないとオオカミ少年になる

緊縛は立派なSMプレイのひとつ
確立なんてしていないと思う
自分はSMプレイの中で一番緊縛が好きで、だから縄で責める事が好き
だけど鞭も蝋燭も浣腸も羞恥も好き、だけど縄が一番好き
それだけの話

SMは精神プレイであると思う
いろんな道具やシチュエーションが精神プレイを盛り上げてくれる
そして心で責めるから、女は心で答えてくれる
心=心の駆け引きがあるから自分はSMが好きなんだ
緊縛は縄で女との駆け引きをしている
形ではないんです

縄は気持ちが宿る物

と考えます(変な宗教には入ってないですよw)
女は男よりカンが優れている・・・第六感と言うものがある
その六感で女は縄から気持ちを感じる
だから縛り手が心無い状態で縛れば女は何も感じないし
不快に感じる女もいる
だから緊縛が下手でも心を集中して女と縄で向き合えば
きっと気持ちいいものになると考えます
その先は縄の上手い下手が関係してくる

先日神縄会でもお話したことですが
一つの縛りの型がある
だけど女は一人一人皆違う
だから一つの型でも微妙に縄にかける力(テンション)を
かえたり、縄をかける場所を微妙に変えたりしている
縛り好きな女でも好みは皆違うわけだから
緊縛師や縄師と名乗るならこれぐらい出来て当たり前だと思う

アマチュアの方でもこれが出来る人は何人も知っている
心を込め、微妙なテンションで縛っているのを見ていると
なぜか自分は微笑んでしまう
見ているこっちまで楽しくなるし、幸せな気分になる

そんな時『やっぱりSMって良いな』と

いつか自分の弟子が同じように本当の意味で思ってくれれば良いと思う

神凪が主宰する神縄会では、そんな縛り手を育てて生きたい
だから言葉も乱暴になる事もあるかもしれないけど
真剣に自分の教えを聞いてくれる人には、自分も真剣に教えたいからこそなんで
ご理解いただければと思う
神凪が教える以上『ファッション緊縛』は教えませんし
あくまでもプレイを目的とした縛り、責め縄を教えます
時間はかかるかもしれないけど、絶対に出来るようにします

神凪

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Authors: 神凪

Ver fuente original del articulo http://nawashikanna78.blog136.fc2.com/blog-entry-215.html