こんにちは神凪です

先週末のサロンで思った事
意外と自分は縄に関して拘ってないなぁーと思った(笑)
縄ってさー自分はプロとして人にお見せする縄をやっている訳だけど
縄の技術は勿論なんだけど、自分がかける縄で感じた女を見てもらいたいから
どこにどう掛けるとこの女は感じるんだろう???と常に思って縄を掛ける
縄の発表会じゃぁあるまいし、女が縄を纏ったらどう変わる?
どんなけエロくなるんだ?って考えるから縄をやってるわけだけど
アマチュアの方で『この留めが左右対称にならないのが納得いかないんです!』
今回のサロンで思ったこと

うぅぅぅぅん(笑)
凄いと思った
けど自分はそこまで拘ってないし、やっぱ女が感じるのが見たいから
そこまで拘る必要性もないし、縄に意識がいってると
女はそれを察知するからね・・・そうしたら絶対女は感じないんだと思うよ。
意識は女に集中してるからこそ女は感じるんじゃないかなぁ?
今回のサロンで思ったこと

それを数多くのM女さんを縛ってきて教えて頂いたものなのさ
今でさえ、神楽に教わることがたくさんあるよ!

後ろから縄を巻いていくのは良い
でも正面に縄を掛けるなら、あえて女の前に立ち
女の目を見て縛ってやればいいと思うよ。
誰から聞いたか忘れたけど、とある講習会で女の前に絶対立つなって
教わったって言ってたなぁ(笑)なんでやねん!と思ったよ
だってプレイしてるんでしょ?ショーをやってるのかい?
私だってショーであろうとライブであろうと女の前に立つよ!
でもちゃんと相手の表情とか、目を見て縛ってやるよ。
今回のサロンで思ったこと

縛りは相手を見失いがちになる行為だと思う
なぜなら鞭とか蝋燭とかじゃそこまで拘らないでしょ?
だけど縄に関してはどこでも縛れるし人に見られる機会も多い(お店とかで)
でもショーやってるわけじゃないんだから、別にいいじゃんと思う。
ショーにしてもライブにしても、女が感じるのを見に来てるわけで
縄を掛ける者と掛けられる者の気持ちとか愛とかを見に来てるのよ!
プラス縄筋を見るんだと思うよ!まぁプロとして、そうじゃなくても
ステージに立つ以上、皆プロなんだから人が出来ない縄をやれて
当然だと思うけどね!
かっこいい縄をやる前に、女との男との駆け引きを楽しんで欲しいと思う。
プロであろうと、アマチュアであろうと。
今回のサロンで思ったこと

ふと思ったので書いてみた。

縄師 神凪

Authors: Nawashi Kanna

Ver fuente original del articulo