Img_0320_2  

往きて還らず (新潮文庫)

「この話だけは絶対に書くな」と父は言ったー 
国に命を捧げた男たちと、彼等の想いに殉じた女の
哀切極まる恋愛譚。
鬼六文学の最高峰、そして原点ともいえる最新長編。

生前つかこうへいがこれぞ最高の純文学である、
と太鼓判を押した小説。三人の特攻隊員と一人の美女。
出撃命令を待つ彼らの間にはある密約が交わされていた。
死を間近に控えた彼らが択んだ究極の愛のかたちとはー

Authors: 団 鬼六

Ver fuente original del articulo