私、A4のクリアファイルを2冊持っております。中味はA4ルーズリーフに3~4ずつ貼り込まれた薄緑色のスクラップブックです。うち1冊には、70頁に掲載した梨花嬢のヘア写真などが入っております。他に、このブログではお見せ出来ないような写真もずいぶんあります。
その中に、どこかで見た記憶のあるモデルさんが30数枚入っており、どこだったかナーと99頁でお尋ねしましたところ、たおやめ様から村上ゆきとのご指摘を戴きました。当時私は村上ゆきと村上ユキの違いもわからずにおりました。またくろねこ様のサイトをご紹介頂いたのもこの頁でした。
村上ゆきは82年4月号の復刊第2号に、賀山茂氏の「辻村隆氏との交遊記」として掲載されています。前半は結婚後の梨花悠紀子。後半がこの村上ゆきです。
同号には、このスクラップブック所蔵の写真数点が掲載されていることから、前の持ち主は賀山氏と何らかの関係の人物と思われます。
ああ、何ということでしょう。新管理画面とやらになって、写真が「最適化」されてしまっていたようです。私は1枚600KBぐらいでアップしたつもりが、1/4の150KBぐらいに圧縮されていたようです。これではA4印刷は出来ない。モデルの肌の美しさも表現出来ません。何というお節介!なんという横暴!
最適化しない設定にセットしましたが、勝手にされてしまった118頁から125頁の写真全てを入れ替えねばなりません。泣けてきます。126-01あたりなら伸ばしボケでどちらでも良いでしょうが、ピントの良い写真もその美しさをフイにされていたのです。何のために200%まで拡大して修正作業をしてきたのか? ああ。ポワロはlivedoorの新管理画面大嫌いです。
皆様、既にダウンした写真のファイルサイズをチェックして下さい。150KBぐらいなら、今後のアナウンスに従って再びダウンして下さい。まあLサイズにしかしないならそのままでも結構ですが・・・


miss yuki murakami126-01) 村上ゆき 1
同号27頁に使われた写真です。フチつき大手札ですが、イーゼルの形から1枚1枚手で焼いた品です。大量焼き付けの分譲品ではないようです。
それはいいのですが、かなりの伸ばしボケがあり、拡大には向きません。2Lも無理じゃないでしょうか。ピントアップを試みましたが足あたりが不自然になりました。老眼のかたが伸ばしたように思えます。82年ともなりますとぼちぼちお年ですのでね。
誌面では1ページ大で扱われていますので、辻村氏からの印刷入稿はこれでなく、キャビネ大だったのではないでしょうか。
kitan club
126-02) 村上ゆき 2
撮影場所は奈良の辻村氏の自宅ということになっています。この頃でしたら私は奈良に住まいしておりましたが、もちろん存じ上げません。
例によって村上嬢が穿いてきたと思われるツッカケが無造作に置かれており目障りです。気の利いた助手がいればサット片づけてくれるのですが・・・。

shibari historic magazine
126-03) 村上ゆき 3
徹底的にツッカケを写しますね。特に思いのある品とも考えられません。新しく女っぽい品なら、村上嬢のおみ足の匂いを嗅ごうとする奴も出てくるかも知れませんが、これではネー。

kitan club
126-04) 村上ゆき 4
腰がくびれて肩の線が張って、オッパイの谷間が深いスジになって、なかなか美しいポーズです。




Authors: mrbunjousyashin

Ver fuente original del articulo