今回出演する気になったのは
大竹まこと氏に以前随分世話になったことがあり、
何やら彼に会いたくなったからである。

彼自身は覚えていないであろうが、
テレビ出演に不慣れな私に耳元で、
「団さん、テレビですからもっとしゃべらなきゃだめですよ」
とか「僕が話をふりますから」とか
かなりいろいろ気遣いしてもらったのを覚えている。

ラジオ出演

ラジオで僕の破天荒な人生と、
今回の自伝エッセイ「死んでたまるか」を宣伝してくれたわけだが、
大竹氏に語られると、自分が書いたエッセイにもかかわらず、
なんだか我ながらとてもいいこと書いてる気がしてきて
読み返してみたくなってきた(笑)

さすが大竹さん、うまいね。

(文化放送1月18日放送済)

Authors: 団 鬼六

Ver fuente original del articulo