世の中、不況のまっただ中でございます。

こんな時代、安い、早い、うまいは言うまでもありませんが、どんなに安くても品質が良くなければ買わないし、どんなに早くても丁寧に仕上げてなければ満足できないし、どんなにうまくても、もっと違ううまさを求めてしまうのが人間の心理というものです。

なのに、わたくしは馬鹿でした。

こともあろうに、ショーの当日、しかも、雑誌の撮影があるというのに、

あまりのボサボサ髪に、行った先が駅によくある千円カット。

いや、わたくし、よく利用してはいたんですが、あれって、店員の技術の差が歴然として、当たりが悪いと悲惨なことになります。

案の定、カットは毛先5ミリでいいですからと何度も言ったにもかかわらず、ギャキ、ギャキ、ギャキ!

気がつけばもはや手遅れの状態で

店員「これでよろしいでしょうか」

わたくし「はい、よろしいです」

よかあないんだよ、たくっ!

おかげで、夜のショーはアフロヘアー(ありえない)になりましたが、雑誌の取材はサングラスをかけた

ただのリーマンになっちゃいました。

今発売中の「サイゾー」でわたくしのカット後の勇姿。

Authors: Arisue-go

Ver fuente original del articulo