もうちょっと他のモデルさんで遊んでから、関谷夫人の後編に入ってバラエティーを出したかったのですが、偐関谷まで行っちゃいましたので、後編に入らざるを得ないかなと思いました。

123-01 関谷富佐子-29 123-01) 関谷富佐子-29
67年10月号の(つい)『竹棒開股笞打縛り』3枚組ではないかと思われます。「これは又珍しい関谷夫人に対して五本の竹棒を用い正面開股の厳しい縛りで笞打ちで悶えさせる。」
これじゃちょっと打ちにくいですがね。

 


123-02 関谷富佐子-30 123-02) 関谷富佐子-30
これも同上と思われます。






123-03 関谷富佐子-31 123-03) 関谷富佐子-31
67年12月号の(めせ) 『鉄砲縛り鞭打地獄』 4枚組かと思われます。
「両手を鉄砲責めにし、その縄尻を両足首に連結して鞭をふるえば許された動ける範囲で女体は奇妙な舞踊を続けて次第に昂揚する。」











123-04 関谷富佐子-32 123-04) 関谷富佐子-32
上と同じ状態の写真だと思います。















123-05 関谷富佐子-33 123-05) 関谷富佐子-33
このページ、01,02と同じ場所での撮影です。でも特定は難しいです。





123-06 関谷富佐子-34 123-06) 関谷富佐子-34
ちらりと見せた関谷夫人の童顔。乳首がピンと立っています。
ちょうどこの頃か少し前、舟橋聖一の「モンローのような女」で、主人公がヌード写真のモデルになるとき、「乳首が出ていない、揉んで出してごらん」とカメラマンに言われて「先生揉んで」 とせがむ場面がありました。週刊文春だったかな? そんなところだけ覚えているんです。

123-07 関谷富佐子-35 123-07) 関谷富佐子-35
今度は03,04と同じ場所です。当然67年ごろの発売と思われます。














123-08 関谷富佐子-36 123-08) 関谷富佐子-36
左の太股のお肉が縄に持ち上げられて深い皺をきざんでいます。関谷夫人の肉体が、いかに柔らかくふくよかだったか、よくわかります。
唐土の楊貴妃ほど太ってしまいますと興ざめですが、関谷夫人はきっと柔らかく抱き心地の良い女性だったのでしょう。


123-09 関谷富佐子-37 123-09) 関谷富佐子-37
右太股の傷は、写真の汚れかお肌に付いたものなのかわかりません。 縛りのポーズを色々変えて撮っている内に、擦れて付いたものと思いたいですね。











123-10 関谷富佐子-38 123-10) 関谷富佐子-38
竹貼りの壁の部屋での撮影は以上です。













123-11 関谷富佐子-39 123-11) 関谷富佐子-39
竹の壁の後は木の壁です。関谷夫人の67年以降の記事が見つからず、資料に基づく推定ではありませんが、これも後期の写真と思われます。









123-12 関谷富佐子-40 123-12) 関谷富佐子-40
















123-13 関谷富佐子-41 123-13) 関谷富佐子-41
左おっぱいの傷は、殆ど目立たないぐらいに無くなっています。











123-14 関谷富佐子-42 123-14) 関谷富佐子-42















Posted: 2010-10-31 15:43:36

Ver fuente original del artículo