先日公開したみたデータ・フォト・ブックですが、本日DUGA様と協議の上、PDFで提供することになりました。PDFなら頁移動の操作性もよいですし、通常のフォルダ圧縮よりも軽いので便利です。データ・フォト・ブックの公開ページはこちらです。<以下は私のメモ書き程度のものとして捉えておいてください。>ところで公開したのはよいのですが、実際のところどのような物なのかわからないとのことで、こちらでDUGA用の

先日公開したみたデータ・フォト・ブックですが、本日DUGA様と協議の上、PDFで提供することになりました。PDFなら頁移動の操作性もよいですし、通常のフォルダ圧縮よりも軽いので便利です。
データ・フォト・ブックの公開ページはこちら です。
bind001p02s.jpg

<以下は私のメモ書き程度のものとして捉えておいてください。>

ところで公開したのはよいのですが、実際のところどのような物なのかわからないとのことで、こちらでDUGA用のPR文を書かねばならなくなりました。相変わらずの遅筆ぶりですのでとても苦しんでおります。とりあえず特徴を書き出してみますと、以下のようになりましょうか。

1.ダウンロードで簡単入手
DUGAではカード決済で簡単ですが、隷嬢寫眞館では事前銀行振込のみです。また携帯電話で簡単に出来るのかどうかは今のところは不明です。

2.PDFなので閲覧が簡単
これも携帯電話ではどうなるのかわかりません。iPhoneではOKだったそうです。

3.印刷して壁飾りに
これはどうなんでしょう。ジャンルがジャンルですから、家族と同居の方は難しいかもしれませんねぇ。実際印刷しますと、英文がお洒落な雰囲気を感じさせると思います。自分は上の画像をプリントして壁に貼ってみましたが、いい感じです。

4.全頁両面カラー印刷で実際の書籍もどきに
A4サイズの両面カラー印刷にしますと、あたかも往年の海外ボンデージ誌のような体裁になります。48ページですからA4用紙24枚になります。なんとかホッチキスで止められます。ちなみに印刷した際の画質もそこそこで、鑑賞に支障はありません。(プリンタ環境に依存します)

5.そこそこのお値段
1600円がそこそこなのかという議論も起こりそうですが、一応DUGAさんと協議して決めました。ちなみにかつての海外ボンデージ誌は、表紙に9USドル乃至12USドルとの価格表記がございます。昨今の円高時代であればまあまあの価格ですが、今から30年以上も昔のドルでございますから、概ね1ドル200~250円前後の時代であり、1冊購入原価は約2000~2500円。これに輸入関税やら輸送料やらが加算され、更に販売業者が少し利益を上積みした結果でしょうか、日本の店舗では1冊4000円以上もする金額で販売されていた時代もあったのでございます。(だから1600円が安いというわけではないのですがw)

だいたい以上でしょうかね。決定しましたら本家サイトのほうに記します。
箇条書きの下部のぼやきとも言い訳ともとれる部分は割愛すると思いますがw。
その他、2冊出したので、各タイトルごとの解説も考えなければなりません。
それは疲れたので明日にしようと思います。。。

Posted: 2010-10-07 16:33:06

Ver fuente original del artículo