G01高瀬忍 95-1a) G01 高瀬忍 『鉄鎖と柔肌』
奇ク56年12月号には別冊付録として分譲品の型録が付いていました。その中のG01に間違いないと思います。
解説に「全裸の柔肌に喰い込む鎖、柔と剛との醸し出すコントラストの妙味、正面に向って立膝した美貌忍嬢の媚態と赤裸々な純白裸体のエロチシズム。」とありますので、おそらく両膝立ちしてるんだと思います。
ドットピッチ266でスキャン。大手札の写真より僅かに圧縮率を高めて1MB以下に納まるようにしています。


 



 


 

G02高瀬忍 95-1b) G02 高瀬忍 『股間縛正面』
股間縛正面なんてどんな写真なんだろう、とワクワクして申し込んだんでしょうね、当時の人は。実際には縦のお縄が申し訳程度に見えているだけ。でも良い表情です。この頃こういう写真を見かけなくなりましたなーご同輩。
当時は娘さんというのはもっとまともなお嬢さんを意味していたんですな、今のフードルなんかと違って。「あたしゃまともな娘だよ="Good girl I am!" My fairlady」
解説は 「後手高手小手にヽひしひしと縛しめられた忍嬢、乳房の上下には二重に縄が肌に喰い込むばかりにきつく、全裸正面の彼女は猿ぐつわの顔をうつむけて恥らいに只頬赤らめるばかりであった。」
縄で乳房の谷間が押さえられているのは宜しいですね。


 


 

G03萩千恵子 95-1c) G03 萩千恵子 『海老晒し』
最初、萩嬢じゃないように見えたんですが、やっぱりそうかな? と。以前は毛先だけなのに、これは根本からパーマが当たってますよね。ちょっとイケズっぽい口元が見えないから・・・G10と比較してみて下さい。
解説 「奇想天外な縛りで有名な千恵子娘が猿ぐつわをしたまゝ、両眼を開いて仰向けに倒れる。両手首と両膝頭と首とを緊縛して、全く自由を奪われた緊縛ポーズ、苦痛に喘ぐ顔の表情、果してこの姿勢でいつ迄耐え得ることが出来るか。」


 

G04菅登紀子 95-1d) G04 菅登紀子 『羞紅の椅子』
菅登紀子と言うモデルさんは他で見たことが無く、確証はないんですが、解説から多分これだろうと思っています。菅嬢は56年に12枚出しただけの、マイナーなモデルさんでした。
解説 「ドアーの閉じられた密室に置かれた殺風景な椅子一つ、猿ぐつわに声を奪われた可憐な菅嬢は、両乳房もあらわに裸身にむかれた恥しさに、只、「許して、許して」と助けを乞うばかりであった。然し飽くなき暴虐の手は、彼女をこの罪の椅子に縛り上げてしまったのであった。あゝ、彼女の運命やいかに?」





 


 

G05伊吹真佐子 95-1e) G05 伊吹真佐子 『量感の帯』
これの同類は雑誌に掲載されたのじゃなかったでしょうか?
解説 「益々豊満さを増した伊吹嬢をストツキング一つの裸身にむいて、その弾力性のある全身を顔面から後手へと純白の練布を以て緊縛しでゆく。今や、身動きも出来ない十五貫余の肉体は、「嫌、嫌」と身もだえする度に包帯の間から、ピチピチと躍動するのであった。」
G06は見つかりません。

 




 


 

G07伊吹真佐子 95-1f) G07 伊吹真佐子 『叫喚の森』
これも雑誌を飾りました。伊吹嬢は、化粧に凝れば凝るほど変な顔になる、という変なモデルさんだったようです。後年ショートカットにしたのを見れば、結構美人なんですが、55年頃は、なんであんな変な顔だったんでしょうか?
解説 「人里離れた。森の中、誘拐された女性が一本の松の木にガンジガラメに後手に縛りつけられている。裸にされた乳房、臍、太股、足首には縄目がいたいたしく喰い込んでいる。助けを求めて叫べども、通る人とてなき森の中は、寂として只、こだまが返ってくるだけであった。」





 


 

G08村田那美子 95-1g) G08 村田那美子 『全裸目隠し』
G組10枚組は本来は英字組に分類すべきでしょうが、56年という最初期ですので、1枚1枚に解説が付いていたのです。それでやっと特定出来ているのです。
その解説ですが、「全裸の女体が、どたりと床の上に投げ出されている。後手に縛り上げた縄は乳房の間で結び目を作り更に鳩尾と臍の上で都合三つの結び目を綾なしている。 黒布で目かくしをされた彼女は豊満な女体を海老のように弾ねくねらせ、目かくしを取ろうとするのだが、後手に縛しめられた両手の自由はきかず、只、艶やかな雰囲気をいやが上にも、盛り上げるのに役立つばかりであった。 今まで、秘蔵してあった村田嬢のサデイスチック・シーン。」
結び目の数が決め手です。それにしても、どうせ6×6で撮っているのですから、せめて横位置のトリミングにして欲しかったと思います。えへへ・・・

 


 

G09花坂道子 95-1h) G09 花坂道子 『優すがた』
昭和28年頃の写真には、水着もたびたび登場します。当時はこんな水着でもマイクロビキニと同じくらい刺激的だったんでしょうか。
解説は 「自慢のロング・ヘアーをあらわな胸に垂らして、縛られた縄目にうつむき加減の羞らいを見せる道子嬢、太股から脛、指先と大胆に前に投げ出して、今までにないエロチックなポーズでサド・フォトマニアの方々に開陳する優すがた花坂道子嬢。」

 





G10萩千恵子 95-1i) G10 萩千恵子 『開股一番』
強精ドリンクの名前みたいですな。
でも、これが私の親しんだ萩嬢の姿です。
解説 「あられもなき淑女のポーズ、但しこれは縄で縛られているので仕方なく、このような恰好になっているので、萩嬢は全く花羞しいお淑やかな女性であります。噛まされた猿ぐつわの下から、何かしきりに訴えています。きっと、早く解いてくれと云っているのでしょうか、如何に緊縛ポーズといっても、こんな姿勢では長く放っておくのは可哀そうです。」
G組10枚中9枚をお目に掛けました。すこしお休み頂いて、55~59年の大中判をさらにいくつかアップしたいと思っております。

 




 


 

はな2?花坂道子? これより8枚追加します。
95-2) 不明分 不明モデル [花坂道子 はな4?]
最初は花坂嬢かなと思いましたがちょっと違う感じです。花坂嬢なら、57年11月の(はな2)か、58年3月の(はな4)か? と思いましたが、花坂嬢がショートヘアにした形跡はありません。型録にはキャビネサイズで載っている、別のモデルさんでしょうか?
写真は殆ど変色していませんので、モノクロスキャンしました。統一が無くてすみません。

たおやめ様、随心院様からモデルは花坂道子とのご指摘をいただきました。57年12月の(はな2)より、58年3月の(はな4)のほうが近いと考えられます。
略号(はな4)大中判2枚組。題名『股間縛り』 解説「首縄に胸から二の腕縛り、胸縛り股間縛りとロープがからむ。」と短いながら具体的にこの写真を表現しています。
(はな2)は『花坂道子嬢股間縛り集』で「数々の傑作を過去に於て作成した写真部が、ここに美貌のモデル花坂道子嬢の協力を得てマニア垂誕の強烈な縛り写真の撮影に成功し、ここにその一部を発表することになりました。是非コレクションの一端へお加え下さい。」


 

 

不明4不明モデル(花坂?) 95-3) 不明分 不明モデル [田代悠子]
モデルも、当然写真名も分かりません。

たおやめ様からモデルは田代悠子、随心院様から限定版に載っていたとのコメントを戴きました。59年2月の臨時増刊限定版「緊縛フォトアラベスク」の田代悠子表情集その1がそれでした。
その1が6頁、その2が8頁と特別大きく扱われていますが、この写真はそれらと同時に撮影されたものではあっても、完全に同一のものではありませんでした。
ところで私の分譲写真データベースに田代悠子の名はありません。はたして分譲されたものなのかどうか? コレクションの中には、多分奇クの編集に関わった人の持ち物だったろうと思われるアルバムも混じっていますので、それかも知れません。


 

不明1雲井久子 95-4a) 不明1 雲井久子
53年9月号に、「縛られた女ばかりの座談会」と題して、6月14日に開催された座談会記事が載っています。モデルさん6人の紹介写真中、雲井久子嬢の覆面写真によく似ています。
記事から満年齢として計算しますと、最年長が雲井嬢で昭和5年頃生まれ。最年少の高瀬忍嬢が10年頃の生まれとなります。現在70歳代半ばという所でしょうか。
雲井嬢は52年の秋から奇クのモデルをしたようです。従ってこの写真は52年の冬か53年の春撮影されたものと思われます。略号のない時代に分譲されたものと思われます。
それにしても、後ろ手が高々と上がっていますね。

 


 

不明分2 雲井久子 95-4b)
同上です。





 


 

不明 大塚啓子 95-5) 不明 大塚啓子
型録上、(はり)『磔(ハリツケ)三態』以外に大塚嬢には大中判写真はありません。したがって組名も判りません。


 

 


 

不明3不明モデル(大塚?) 95-6) 不明 不明モデル
全く分からないながら、ヒップの感じに大塚嬢を思わせるものがあります。




 


 

不明1不明モデル(愛川?) 95-7) 不明 愛川悦子?
分からないながら、モデルは愛川悦子嬢のような気もします。

 

 

 

 





不明2 不明モデル(愛川?) 95-8) 不明 不明モデル
足の裏が黒くないので、昭和30年代に入ってからの写真かなと思っています。それ以外全く分かりません。
81ページにご紹介した、美木嬢、山原嬢、大塚嬢を加えて、これで私の持つ、奇クの大中判写真はおしまいです。袖珍Y組で大名刺サイズが終了していますので、あとは全てキャビネと大手札となります。









 

 


Posted: 2009-08-14 02:55:47

Ver fuente original del artículo