98-1a 不明 萩千恵子 98-1a) 不明 萩千恵子

55年10月号は、長期発禁からの復活第一号でした。白表紙にもかかわらず、この号には大量のグラビア写真が掲載されています。
その中の1枚 「どういうポーズをとるの?」と題された写真が同じ服装・猿轡です。
分譲写真の題名は良く分かりません。略号以前の発売ですし、モデル名すら書かれていないケースも多いためです。








 


 

98-1b F04-1萩千恵子 98-1b) F組04-1? 萩千恵子
54年7月発売の『レインコート三能』 解説「ヌメヌメとしたゴム肌の感触、素肌にレインコートを着した緊縛 レインコートを纒って後手に縛り上げられた美貌の萩嬢の美しい被虐の姿態。」かなと思うのですが、違うでしょうか?
56年4月号のグラビヤに同種の写真が掲載されています。


 





 


 

98-1c F04-2萩千恵子 98-1c) F組04ー2? 萩千恵子
このパンティーは、当時はやり始めたナイロン繊維製と思われます。汗を吸いませんので快適ではなかったでしょうが、ストッキングと共に女性のあこがれの的だったのでしょう。
「安くて薄くてよく見えるナイロンパンツ」などと揶揄されましたが、高級品であったと思います。

 


 

98-1d F04-3萩千恵子 98-1d) F組04-3? 萩千恵子
いわゆるビニール合羽と違って、ゴムとビニールのアイノコのような、やや厚手の半透明の樹脂です。





 


 

98-1e 海老責め3態 萩千恵子 98-1e) 海老責め三態? 萩千恵子
萩嬢には間違いありません。54年7月発売の『海老責め三態』 解説「ヤセ型の柔軟な姿態の千恵子嬢を二つ折りに曲げたエビ責のポーズ、二本の足だけが宙に躍っている。」としておきます。
当時は1組の中にいろんな違ったポーズが入った分譲品がありましたので、それらの中の1枚という可能性もあります。

 

 

 


 

98-1f 不明13 萩千恵子 98-1f) 不明? 萩千恵子
良く分かりません。この頃の女性はパーマヘアもよく似ていて、見間違いやすいのです。



 

 

 




 


 

98-2a ボリウムを縛る1 加賀利江子 98-2a) F組の05? 加賀利江子
55年10月号に「ボリウム」と題して加賀嬢のグラビアがありますが、それと衣装が同じです。





 


 

98-2b ボリウムを縛る2 加賀利江子 98-2b) F組の05? 加賀利江子
55年10月、11月発売のF組は、そのうちの05,06,07,09を加賀嬢に割いています。本当はもっと前から準備されていたのでしょうが、発禁のためアナウンスが遅れたものとおもいます。
05は『加賀利江子嬢第一回縛り集』 解説は「美貌の新人、まあごらん下さい。利江子嬢の初めて縛られたこの縛られ方を。縛られることを厭わない繋縛モデル第一回の縛られポーズ。是非コレクションの一端へお加え下さい。」
他の集も解説に具体性が無く。09の「デニムのズボン」は除くとして、いずれも解説に具体性が無く、特定出来ません。


 


 

98-2c ボリウムを縛る3 加賀利江子 98-2c) F組の05? 加賀利江子



 

 







 

 


 

98-3a ハシゴ責め三態1 伊吹真佐子 98-3a) 梯子責め三態の1? 伊吹真佐子
54年5月発売の『梯子責め3態』と思います。略号無し。解説「梯子に縛りつけて宙にうかす女体に喰い込む縄目、サディストの見果てぬ夢の一つ。」
しかしマズイ顔ですね。化粧するほど悪くなる顔ってどんなだったんでしょうか?




 

 

 


 

98-3b ハシゴ責め三態2 伊吹真佐子 98-3b) 梯子責め三態の2? 伊吹真佐子
猿轡を深くすると他人のように見えます。顔を隠すと美人です。



 

 

 




 

 


 

98-3c ハシゴ責め三態3 伊吹真佐子 98-3c) ハシゴ責め三態の3 伊吹真佐子



 

 

 

 






 

 

98-3d 不明? 伊吹真佐子 98-3d) 不明? 伊吹真佐子






 

 

 





 


 

98-3e) 不明? 伊吹真佐子 98-3f) 不明? 伊吹真佐子
随心院様から54年9月号が参考になるとご教示頂きました。




 

 


 

 

98-4 不明 伊吹真佐子・春日ルミ 98-4) F組25? 伊吹真佐子・春日ルミ
女斗美と言う言葉はもう出ていたのでしょうか? 55年11月号の新発売『ローソク責め』です。後にF組25の略号が与えられました。解説「これは又凄い、肌の上に直接立てられた火のついたローソク、熱い蝋涙をたらたらとお臍の中へたらし込む。うむうむと苦節に呻めく縛られた女。サジズトをうんと思わずうならせる凄い場面の連続」



 

 

98-5a 不明10 坂口利子 98-5a) 不明? 坂口利子







 

 

 



 


 

98-5b 不明15 坂口利子 98-5b) 不明? 坂口利子
随心院様から川辺砂登子ではないかとのご指摘。この当時はパーマの当て方と三日月眉毛で、みんな同じように見えてしまうのです。ところが川辺嬢のキャビネ写真はメンスバンドかセーラー服。村田嬢にもそれらしい写真が無し。坂口嬢のみF17があるのですが・・・・・・



 

 

 


 

98-6 不明14 村田那美子 98-6) 不明? 村田那美子


 





98-7 不明9 川邊砂登子 98-7) F28? 川邊砂登子?
この黒いパンティーですが、よく見るとお腹の部分に返りがあります。前開き式のズロース型メンスバンドらしく見えます。
確証はありませんが、F組の28にキャビネ2枚組で『メンスバンド着用』、解説「バンドマニアの為に川辺砂登子嬢を煩して、メンスバンドを着用の上正面向ってポーズをつけた二枚のフォト。」があります。


 

 

 

 


 

 

98-8a) 不明20? モデル不明 98-8a) 不明20? モデル不明
F組の02 中富綾子
不明の後の20に何の意味もありません。単なる符丁です。もう少しで確証を得そうなんですが、今は不明としてアップします。
写真のコントラストが悪いのは、原板そのものの光の廻りが悪いからです。
ここから次をアップしますが、修正はあまり丹念にしないようにしました。原板そのものの状態が万全ではありませんので、修正に凝っても仕方ないと思ったからです。
たおやめ様から、モデルは中富嬢ではないかとのご指摘。そうなら55年10月のF02『美少女緊縛』2枚組。




 

 

98-8b) 不明21? モデル不明 98-8b) 不明21? モデル不明
F組の02 中富綾子
同上です。

 

 

 

 

 

 

 


 

98-9a) 不明22? モデル不明 98-9a) 不明23? モデル不明
随心院様より、Sado特集第2号を根拠に坂口利子ではないかとのご指摘を戴きました。

 

 

 






 


 

98-9b) 不明23? モデル不明 98-9b) 不明23? モデル不明


 




 


 

98-9c) 不明24? モデル不明 98-9c) 不明24? モデル不明
F組01 高瀬忍
同じく、たおやめ様のご指摘。55年10月F01『悦虐ポーズ代表選』3枚組

 



 


 

98-10) 不明26? モデル不明 98-10) 不明26? モデル不明

 

 



 


 

98-11) 不明27? モデル不明 98-11) 不明27? モデル不明


 

 

 

 


 

98-12) 不明28? モデル不明 98-12) 不明28? モデル不明
随心院様から杉芙美嬢でないかとのご指摘。F13はオムニバスですが、その中に『足吊りポーズ』(杉芙美嬢)があります。


 

 

 

 

 


 

98-13) 不明29? 不明モデル 98-13) 不明29? 不明モデル


 

 

 

 

 

 



 


 

98-14a) 不明30? 厚狭春江? 98-14a) 不明30? モデル不明
モデル不明とは書きましたが、多分厚狭春江嬢かと思います。ところが、厚狭嬢のキャビネ版はF08『厚狭春江嬢股間しばり三態』で、これはこの写真と一致するのですが、後が分からない。こういう決め手の無さが不明の山を作っているのです。


 


 

98-14b) 不明31? モデル不明 98-14b) 不明31? モデル不明
これも次も厚狭嬢と思うんですが、股間縛りじゃないでしょう。

 




 


 

98-14c) 不明32? モデル不明 98-14c) 不明32? モデル不明


 

 

 

 







98-15a) 不明33? 伊吹真佐子? 98-15a) 不明33? 伊吹真佐子
F組の11の1 萩千恵子
女を目方で売ろうとは思っていないんですが。続いて伊吹嬢です。スミマセン。
たおやめ様からのご指摘。55年10月のF11『萩千恵子嬢新版腰巻しばり』3枚組




98-15b) 不明34? 伊吹真佐子? 98-15b) 不明34? 伊吹真佐子
F組の11の2 萩千恵子
以上です。モデル・題名の特定は良いところまで行ってはいるのですが、あと一歩です。確信を持てたら書き込みます。
同上。





 


Posted: 2009-09-20 18:20:41

Ver fuente original del artículo