ナナとカオル の作者、甘詰留太先生と対談をしてまいりました!:7月上旬に舞い込んできた一通のメールそれは甘詰先生の御担当者様からの連絡でした。緊縛blog を 5月末頃から拝見して下さっていた!!そんな事から、私と澪の バカップル丸出しの 日常や、私達の考え方や体験などを聞いてみたい との事でした。もちろん、断る理由なんてありませんので、二つ返事で快諾し、日程調整を終えて、当日を迎える事となったのでした。:当







ナナとカオル の作者、甘詰留太先生と対談をしてまいりました!









7月上旬に舞い込んできた一通のメール


それは甘詰先生の御担当者様からの連絡でした。





緊縛blog を 5月末頃から拝見して下さっていた!!



そんな事から、私と澪の バカップル丸出しの 日常や、

私達の考え方や体験などを聞いてみたい との事でした。


もちろん、断る理由なんてありませんので、二つ返事で快諾し、

日程調整を終えて、当日を迎える事となったのでした。







当日は、甘詰先生と御担当者様

そしてもうひとりの漫画家様とライター様
(こちらのお話はまた後日に)


そして、澪と私 の 計6名 で

対談という名の食事会は始まりました。









内容は、初っ端から緊縛やらスパンキングやらの濃いぃ話から w

普段使っている 鞭や首輪や麻縄などをお見せしてみたり、

今後のナナカオの展開などのお話を聞いたり、などなど・・



私達としても非常に興味深い話が盛りだくさん。

そして、甘詰先生にも、いい刺激を感じて頂けたようです


※ 場の盛り上がりから、なぜか後手縛りにされる甘詰先生 w









先生に頂いた言葉で印象深く、光栄だったのが、


「初めて逢ったのに、初めてのような気がしない」


そう、先生の作品を読んでいて、私も一番に感じた事。



SMで幸せになれるカップルがいたっていいじゃない!



この世界に入って、この属性を意識してから、

初めて、安心して読める本に出逢ったのが ナナとカオル。



安心して読める本だからこそ、皆さんにも安心して勧められる。



ナナとカオル は、緊縛blog 推奨図書 です。



これからも、甘詰先生のご活躍をお祈りしています。





ナナとカオル
(画像をクリックすると元のサイズで表示されます)
(携帯からご覧の方はこちら )



先生が用意して下さっていた素敵なプレゼント。

2枚が繋がっている絵柄なんて、ニクイねコノー さすがです!




また、いつか SM談義に花を咲かせましょう!




ナナとカオル 紹介記事 1 / ナナとカオル 紹介記事 2



Posted: 2010-07-27 06:30:00

Leer el Artículo Completo