web sniper's book review
マンガの“歩く百科事典”だった著者が

急逝直前まで連載していた遺作を単行本化
「性は古来より、芸術、大衆娯楽の大きなテーマであり続けてきた。(中略)支持を受けながらも、時に糾弾され、圧殺され、また甦ってくるその在りようは、時代を超えて繰り返される社会と個の戦いではないのか。表現におけるエロチシズムを探りつつ、マンガの中で描かれた「性」についての歴史を整理してみたいと考えたのは、マンガが、表面的に言われるような要因のみでヒットしたのではないのではないかという思いがあったからだ」(本書より)

Posted: 2010-06-13 14:30:53

Leer el Artículo Completo