(画像をクリックすると大きなサイズでご覧いただけます★)今、自縛で練習中なのが上半身の胸メインの自縛です^^自分なりに気をつけているポイントが・・・・①胸のハリとツヤを出すこと 胸の下縄をしっかりと身体に這わせて、首へと持ち上げ、固定する事によって 胸を上げ、ボリュームUPさせています。 胸の上縄で、胸上部を押さえて、乳首を上向きにしています。 全体的にキツく縛れば、乳首がピンと立って、ハリとツヤが



(画像をクリックすると大きなサイズでご覧いただけます★)


今、自縛で練習中なのが
上半身の胸メインの自縛です^^


自分なりに気をつけているポイントが・・・・


胸のハリとツヤを出すこと
 胸の下縄をしっかりと身体に這わせて、首へと持ち上げ、固定する事によって
 胸を上げ、ボリュームUPさせています。
 胸の上縄で、胸上部を押さえて、乳首を上向きにしています。
 全体的にキツく縛れば、乳首がピンと立って、ハリとツヤがでます。


拘束感を出すこと
 縄を身体に這わす時
 縄が一重だと、弱く繊細に見えてしまい、拘束感がでない事に気付きました。
 そこで、縄を二重になるように揃えて這わせたり、大きな結び目を作ったりしました。
 それによって、見た目にも体感的にも拘束感が出て、安定感もUPしました^^


結び目の処理
 結び目がキレイに出来れば、自縛もキレイに見えると思っています^^
 でも、自縛だと、どうしても結び目が裏向きになったり弱くなってしまうもの。
 出来るだけ、キレイに見せ、しっかりと固定させる為に
 見せたくない結び目の上に、縄を巻きつけて隠してしまったり
 縄を二重にし、しっかりとした結び目を作ってみました。
 キレイにスッキリと、良い感じに仕上がったと思います^^


無理をしないこと
 自縛をする時に
 「強い拘束感」を求め、強く自縛し過ぎて場合があります。
 自縛の最中は、夢中になってしまって気付かないのですが
 知らない内に呼吸を制限したり、神経を圧迫したり、肌を傷つけてしまったり
 首などの部分に身体の重さの負担をかけてしまったりしています。
 特に、麻縄は解く時間が思った以上に必要で
 身体がSOSを感じてからでは、遅い場合があります。
 慣れない内は、若干緩く自縛をし
 時々、手を止めて身体の感覚を確認しながら自縛をしています^^



以上、4点のポイントです(✿ฺ´∀`✿ฺ)
特に④に関しては、自縛を楽しんでもらう上で重要かと思います。


次回は!
今回の画像の
『自縛の方法』を画像を交えて公開させていただきます♥♥(o→ܫ←o)♫
良ければご覧いただいて、是非是非、実践してみてください^^


☆イラストで紹介している 初めての自縛記事
『自縛 実践編vol.1』はこちら

☆カテゴリーの『自縛 方法』からもご覧いただけます♡→ܫ←♡
 
Pick upにもバナーがあります b-自縛






☆私が使用している麻縄です^^
縄

麻縄のご購入は上の画像をクリックしてください^^
商品情報ページにとびます。
今回の画像は7mの縄を使用しています。


☆HOW TO 大人のおもちゃの買い方
 私が始めて大人のおもちゃを購入した体験記はこちら 大人のおもちゃ購入 です。
 よければ参考になさってください^^


Posted: 2010-05-17 11:00:00

Leer el Artículo Completo