川上ゆう×緊縛桟敷川上ゆう 「杉浦則夫緊縛桟敷」にて掲載開始。

半年に一度の機会で川上との撮影をしてきたその度に姿を変化させ成長している。

緊縛桟敷の一回目では普通の少女が興味半分で緊縛され不安と恐怖のうちにあって現場の雰囲気にのまれて撮影を終えている。

Montreal!
This is the way to follow!
Perversion is this way, you dumb!

「絆」 Koharu-028
Koharu 028
FC2 Blog RANKING
Koharu高画質写真先行公開中!!!
Koharuさんのフェチな写真 → Prelude-N Koharu version

Koharuさん、タイトル写真含め29枚目です。

ひと月ほど先の話ですが、10月3日に開催される「第8回 お尻祭り」に参加します。

「お尻祭り」とは、ブログやTwitterなどでお尻の写真をアップして、「ネットをお尻だらけにしましょう♪」というお祭りです。

お尻の写真であればなんでもいいわけではなく、

・参加者(および被写体)が成人である事
・オリジナルの写真である事
・局部無修正などの画像は参加NG

が主な条件になります。
(ネットでの拾い物画像での参加は認められません)

お尻の写真であれば、男性のお尻写真での参加もOKですが、ふつうは女性のお尻ですよねw。
(

...

これは、先週の金曜日の東スポの記事なんですが、これから毎週か隔週か3週間に一度、一鬼のこの写真作品の記事が載ります!
名古屋なら中京スポーツ、大阪なら大阪スポーツ、九州なら九州スポーツで掲載されます。
金曜日の新聞をチェックしてみてください(^^

東スポに、一鬼のこコーナーできました!

When I first encountered rope bondage, it was through pictures I saw on-line. It spoke to me right away and I went and looked for sites where to learn more and see more. It took a few years, during which I bought rope, tried it on, had some tied it on and even pictures taken until, eventually, I landed in the rope world and had the fortune to...

The Ito Seiu Films
Artist of the bizarre, Ito Seiu, 1882-1961

For a comprehensive writeup on the father of modern kinbaku, Ito Seiu, check out Nawapedia. This entry, though long and painstakingly translated, doesn't include the list of films that were about Ito or included him in some way. For that, there's Nawapedia's sister site, SMpedia 

アンディ・ジュリアさんはパリ在住の fashion photographer です2007年にヴァニラ画廊の写真展を見た方もいると思いますと、言うわけじゃないですが珍しく耽美系を post しましたAndy Juliamyspaceヴァニラ画廊



★Halloween★昨日のハロウィンイベントは、例年ごとく目立ちまくりの大人気でした!
私個人的にも、セクシーなケ○ロにメロメロでした。
普段はしたいけど恥ずかしい姿も、この日は問題なくできる素晴らしい日!!!

2010.04.17 Sat at Shibuya O-EAST
7月17日(土) 東京・渋谷「Shibuya O-EAST」にて開催

この週末は、澪と映画を観に行ってきました。観たのは、ナイト&デイ です。これから観る方の為に、内容には触れませんが、純粋に楽しめるアクション映画、でした。かなり面白かったですよ。:その後は、澪が狙っていたあるモノを見に行ったのですが、先日見に行った時には無かった 新色 が!狙っていた色の在庫が急速に減っている(一部店舗では既に品切れ)という情報から、急遽、再訪となった訳ですが、そこでまさかの新色展開。

毎週土曜日更新!
onanistic pacifism by “maestro”Endo Yusa.
『完全なる飼育―メイド、for you 』(幻冬舎アウトロー文庫)

著者=松田美智子
ISBN10:4344414160
定価:520円(税込)
発売:2009年12月
出版社:幻冬舎

↑マエストロのベスト映画『完全なる飼育』シリーズの最新作。毎回どっかおかしい主人公があの手この手を使って美少女を監禁してくれます。ああ、ロマンチック……。今回は秋葉原のメイド喫茶で働くヒロイン・苺ちゃん(笑)が、漫画喫茶の店長の手によって漫喫の個室に監禁されるというストーリーだとか。うーん、キャッチーですね!
ちなみに監督は『バトルロワイアル2』の深作健太。無駄に豪華です。

während der offizielle Beitrag der Extasia leider noch immer auf sich warten lässt, da einige Dateien noch nicht bearbeitet sind, stelle  ich hier einstweilen einige Bilder befreundeter Fotografen ein , die sie mir recht Zeitnahe zugestellt haben.

hier also ein kleiner Zusammenschnitt einiger Extasia2011-Scenen

遊んでばっかりww

今、プライベートレッスンが終わったんですが、昨日から今日のお昼にかけてグランドキャニオンに行ってきました。

...

amidacamera
Fotógrafo y editor jefe de la revista japonesa S&M Sniper, su trabajo fotográfico está centrado en un mundo imaginario poblado por mujeres envueltas en un perverso erotismo fetichista. Buena parte de su obra esta recogía en el libro "Tokyo Girls (ハードカバー)". Podéis seguir su blog (Amidacamera) en nuestra sección Feed Shibari
今から、赤坂行ってナイトメアっていうイベントでショーをやってきます!サイバーロープのパフォーマンスです!出番は、12時30分ぐらいの予定っす!まだ間に合う!みんなコスチュームに着替えて、赤坂エレボスにGO!詳細http://bijyoyajyu.blog25.fc2.com/blog-entry-655.html

とあるbarで触発されて、バロックの焼ごて作ってみました☆先ずはコースター辺りから。。。w押されたい子は要相談。

we had a book meeting last night - mainly to decide the cover - their (my publisher’s) design proposal was something very victorian with fussy gothloli (or granny) borders, which i didn’t like - my design proposal a bit more punk with collaged images, which they didn’t like - i think we’ve reached a happy [...]

Kinbaku LuXuria in Rome!

Kinbaku LuXuria in Rome!

Kinbaku LuXuria will finally be in Rome for a workshop and two ( yes two! ) private sessions! Since the great success that our workshops and private sessions are having throughout France we decided to create a special event in Wildtie’s native country. Date is June 16, the location a small beautiful theater in the northern p

...

das neue Layout soll die neuen sich veränderenden Zeiten einläuten. So wird es demnächst endlich zur neuen Website kommen. Dragonrope.com wird auch  online gehen. Noch sind aber viele Dinge zu tun und umzubauen. Der Blog hier wird bestehen bleiben Erst mal aber werde ich meinen Urlaub antreten und mich erholen einige Beiträge werden dann sicher … Weiterlesen

After the show and after a quick refreshment, Kanna-sensei was back with us chatting and talking about rope, kink and sex. My lucky star continued to shine on me, and Nawashi Kanna himself offered to tie me. Honored and happy, I settled myself down on the tatami.
Still wrapped up in the emotions evoked by the show (when Kanraku-san started sobbing,...