Удон (Udon, 饂飩, うどん) – вид лапши из пшеничной муки, очень популярный в японской кухне. Обычно удон подаётся в горячем виде, например, в супе какэ-удон (kake udon), который сделан на основе бульона даси, приправляется соевым соусом и мирином и посыпается сверху зелёным луком. Также к какэ-удону могут добавлять тэмпуру,тофу, обжаренный с сахаром, мирином и соевым соусом, или рыбные палочки камабоко. [...]

Osada Eikichi

Osada Eikichi : 緊縛の園 (Kinbaku No En, ”The Garden of Kinbaku”) (1980)

This special issue of SMファンタジア(SM Fantasia) from december 1980, is called 緊縛の園, the ”Garden of Kinbaku”

Judging from a glimpse of the bakushi in a few of...

S&Msniper special archives gallery. 『S&Mスナイパー』1980年5月号読者投稿嗜虐小説
「セックス・ママ」 作= 武田正人

Manchmal begegnet man ganu unscheinbar neuen Inspirationen . Ich hatte schon im Vorfeld vor der Boundcon 2010 vonKinoko und seiner Partnerin  , seinem Stil und der etwas erschwerten Kommunikation bezüglich englisch – japanisch etc  vernommen und war daher sehr gespannt. So besuchte ich auf der Boundcon  einige Momente Kinoko Hajime und durfte ihm etwas genauer … Weiterlesen

apres fermentation 2

とある廃墟にて <a ↑他の素晴らしい廃墟写真のブログもこちらからどうぞ...

 旅の画家の為のプレオープン。

明日から乙画廊で髑髏展なのだが、...

Graydancer goes over some of the highlights of Paradise Unbound (including the Military Style bondage class pictured here). Then he dives into the events at the GRUE in the Lou, paying special attention to the Rope, Ritual, & Symbolism discussion. Kinky Intellectual Goodness in every bite!

Artículo publicado originalmente en la web de DarkSabbat que reproducimos aquí parcialmente por su interes:

La huella que ha dejado Esinem en su anterior exhibición y taller de bondage en el Dark Sabbat ha sido para muchos de nosotros imborrable. Queremos intentar que venga de nuevo a Madrid para repetir la experiencia, y para ello es más necesario que nunca saber, al menos en principio, quien estaría interesado.

オーストラリアのメルボルンで、そういえば、ハロウィンなのに全然、そんな気配がないなーって思ってたんですが、今日の昼に宿泊先の近所から、コスプレした子供がわんさか出てくる出てくる。可愛かったですよー。そして、その後、ワークショップをしてきました。12カップルに教えてきました。みなさん、レベルは、様々です。出来ると思い込んでじゃんじゃん先に進んでいき、まったく違う縛りをする人。ペースが遅い人。へんな縄を


I have read that Tani Naomi appeared in a Playboy magazine feature called "The Girls of the Orient" in 1968. I have no reason to doubt this but I still haven't seen the goods. Since it was Playboy, I'd be surprised if any of the photos were of Tani in bondage.
Sometime in the '70s, the now-defunct Penthouse magazine ran a series of Japanese bondage...

two of 9..

.. it only hurts you, when you loose yourself..

sniper
毎週月曜日更新!
小林電人、待望の第二作目好評連載中
全ての国民は2年間、国に全てを捧げて奉仕する義務がある――。日本によく似た、しかし異なる某国で「奉仕者」の立場に転落した女たちが辿る、絶対服従の日々。飼育・調教が法律によって認められた世界で繰り広げられる、 異色エロティックロマン!

包帯艶妖梓尽01 / Deliphoto

包帯艶妖梓尽01 / Deliphoto

今まで、カラー写真は76頁に中河恵子嬢のものを掲載致しましたが、ここでは、それ以外のものをお目にかけます。

101-1a 101-1a) 東浦ひかる?
こうすっぽりと猿轡をされると、モデルは誰か? 余程自信のある決め手がないと断言を憚られます。サイズは大手札相当で、奇クのカラー分譲写真のサイズです。
ぷっくり出たお腹も、それらしい雰囲気、この赤黒ショーツも奇クでよく使われる品です。


 

Graydancer lists some of his favorite gifts, like Batman and Lagavulin, then realizes the true spirit of the holidays and suggests gifts for other people:

  1. Rope: What, you thought something else? Jute is 2-for-1 at Kinkyropes.com , and if you're fast you can get some Equality rope for a good cause at Twisted Monk .
  2. Calendars: Because being kinky takes all year. Take your pick of the NYC Sex Bloggers Calendar and/or Gassed Girls . Hey, who only has one calendar? Get both!
  3. Books: Seasonal choices are either Master K's Beauty of Kinbaku or the Two Knotty Boy's forthcoming Back on the Ropes .
  4. E-books: How about my own Nawashi ? Oh, read it? Well, the Lust Chronicles is choc-full (or is that cock-full?) of kink, and Ropecast listener Peter Tupper's story in A Whisp of Steam is quite simply the best erotica I've ever read.
  5. Porn: Let's face it, we should get each other what we really want, but don't feel able to buy for ourselves. Porn! My personal favorite is currently Fucked & Bound (because I directed an upcoming segment)

こんばんは神凪です。
早いものでもう7月(下半期)になってしまいました。
ヨーロッパツアーから戻り早2ヶ月戻ってからおかげさまでプライベートレッスンや
ライブ、AV撮影等のお仕事を順調にやらせて頂いて本当に感謝しております。
7月も既に予定殆ど埋まっており、忙しい7月になりそうです。
7月は私にとってとても大事な月です
まず神楽との出会いは7月8日9年目に入ります
早いですねーもうそんなに月日が経つんだなぁと実感します。
そして最も大事な日が7月17日
故縄師 明智伝鬼先生の命日です。
もう10回忌・・・10年なんですよね
いろいろ感慨深いものがあります。
よく自分自身の転機の時必ず高い所にいる明智先生に報告するんです。
来年からのビックプロジェクトももちろん報告しました。
自分には先生と呼べる方は明智先生しかいません...