Tattooed Flower Vase 花芯の刺青 熟れた壺
1976 Masaru Konuma Naomi Tani

ヴァニラ画廊では来週29()より、今年91日に急逝された小山哲生氏の追悼展示を行ないます。

実験的な創造で常に我々に新たな発見を与えてくれた小山哲生の世界。

深遠なる静謐と膨大なるエネルギーとが同居する、氏の作品の数々を心ゆくまでご堪能あれ
koyama2-01.jpg
小山哲生 追悼展 「天国の青い蝶」

 http://www.vanilla-gallery.com/gallery/koyama/koyama2.html


■11
29()124()
入場無料

-----
----- ----- ----- ----- 

暗闇の中に眩しい光が射し込んだそれはおまえ自身の輝きなんだよ

Just a bit of silliness to go along with the wonderful folks at the NYC Rope Bomb Squad . I plan on being part of it the night of October 18th!

震災以来、何かボーッとして、仕事も趣味も手につかずにおりました。このサイトだってアップしたい画像はいくらもあるのです。でも何かまとまりがつかない。これも一種の震災ショックでしょうか。神戸のことを思い出したり、その後の悲しい記憶が甦ったりします。
 そんなときGT5500様からコメントを戴きました。『改造画はだめでしょうか?』 とのお話です。つまりこのサイトのモデル達、着衣が多いのですが、それをハダカにしてしまうと仰有るのです。 願ってもないお話で、早速サンプルを拝見し、掲載のご承諾を戴きました。
 お話を聞きますと、GT5500様も私と同じで、脱力感からぼちぼちお作りになったようです。次のようにお書きになっています。
「今年の連休は『震災』の影響で私自身心がブルーになり、どこにも出かけず、お酒と、こんなことをして遊んでました。」
 心が限りなく寂しくなっているなか、ひょっと面白いことを思いつかれた様子です。デジタル画像の修正には以前からご経験があったらしく、そうと決まれば昔取った杵柄と、試行を繰り返されたようです。
 私のリクエストで、当初あったモザイクを外して一部手直しをお願いした。ということで、オリジナルと共にお目に掛けます。

kitankitan

129-1) 『急襲』 杉芙美
 67頁の7枚目に掲載した、杉芙美嬢の『急襲』をコラージュしていただきました。
 左がオリジナル。右がGT5500様の作品です。目障りなオッサンの姿が無くなり、影も錯綜せず、すっきりした画面になりました。
 引っ張る縄の角度も自然です。
 目立たない部分ですが、写真の左端の部分がオリジナルより延長されて、伸び伸びした画面になっています。
 皆様共通にお気づきの部分は敢えて申し上げずにおきます。

kitan

129-2) 村田那美子嬢
 これのオリジナルがどこにあるのか良く分からない。ですから深いコメントはご遠慮致します。

kitankitan

129-3) 「緊縛美のオンパレード」より第90集の1
 54頁に掲載した昔の写真です。当時は印画紙に白のポスターカラーを塗って毛を隠していたんですね。
 モデルが誰か良く分かりません。川端嬢か村田嬢か?
 写真の上下を伸ばしてあります。オリジナルが白ブチ付きですので良く分かります。

Authors: Kitan Klub

...

Ver fuente original del articulo

新しいモデル、志乃さんの画像の続編をお届けします。 この猿轡はエピキュリアンさんから以前にご提供いただたもので、2年ほど使っていなかったのですが、口を多くタイプの猿轡が似合う志乃さんに今回の撮影で使ってみました。首輪にもつながっているので、かなりの拘束感のある猿轡です。

Leer el Artículo Completo
こないだイタリアのTV局の取材を受けました!はやり外国の方は、日本の文化に大変興味があるようですね。縛りと僕のやってるBARの雰囲気を動画と写真に収めていきました。クルー達↓このテレビ局もイタリアの超メジャーなところみたいです。緊縛なんか写していいの??(笑)イタリアのテレビ局↓Distribution channel あとこないだ歌舞伎を見に行きました。そこで20代のフランス人2人と出会いました。「歌舞伎楽しかったで

Canto de sirenas

En las antiguas tabernas de marineros, en compañía de una jarra de cerveza, siempre se podían escuchar  leyendas fantásticas sobre sirenas.

for rope bondage enthusiasts from all around the world. If you're interested please come and join.

今日の東京はまるで夏のような陽気です。30℃近くまで気温が上がっているとのこと、小春日和とはこのような日のことをいうのでしょうか。
また暫く更新が滞ってしまい申し訳ありませんでした。今週はゆきさんの新シリーズ"ダウンジャケット ボンデージ(Captured Down Girl)"シリーズからPart1の画像をお届けします。
小春日和にしては季節感がない画像ですが、撮影したのはかなり前のことでしてご容赦ください。

ダウンジャケット ボンデージPart1ダウンジャケット ボンデージPart1

 We visited an old buddhist temple in Nara Prefecture. The name of the temple is Chogaku-ji Temple.


Cherry blossoms began to scatter.

22. November 2011

Laute Musik, heisse Rythmen,scharfe Klammotten, skurriles Lustspielzeug, ausgefeilte Spielgeräte, tausender begeisterter Tabledanceanhänger, viele die einfach nur Ihren Voyeurismus befriedigen möchten.. Und manche, die ihre dunklen Seiten der Lust frivol und ganz neu entdecken
So schritten sie bis anhin an den vergangenen...

ein wohl sehr bekannter RopeArtist aus Japan ist Kinoko Hajime. Schon oft durfte ich Ihm  zuschauen und einige Male schon beiwohnen und meine eigenen Skills / Techniken und Ideen von ihm  beobachten und auf Optimierungen hinweisen lassen. Dies ist nicht immer einfach. Allein der Kommunikation wegen entstehen oft ganz witzige Dinge. Doch in Japan l...

(月額購読者様限定 大きい画像はこちらです)(携帯からご覧の方はこちら)最近、緊縛blog で 一押しの ニップルポンプ ですが、その ニップルポンプ のお陰(?)で、澪のリアル繋がりの人にまた 緊縛blog を カミングアウトする羽目 になったようです… wM先生、スタッフの皆さん、いつも澪がお世話になっています。これからもお世話になると思いますが、宜しくお願い致します。(*´∇`)ノ2周年 で テンプレートをリニューアルした澪 の

Schedules have been updated.

Montreal!
This is the way to follow!
Perversion is this way, you dumb!

“alice” is still not even out but i’ve embarked on a new (mini) book project - a series of small, 33cm square, “cute” paintings - maybe 20 illustrations all-told, with accompanying verses - envisaged ultimately as a tiny but chunky four or five inch square children’s “board book” (thick laminated pages with rounded corners) [...]

Nachfolgender Beitrag ist aus meinem Bauchgefühl und Gedanken entstanden , er entbehrt somit jeglicher Vollständigkeit und ist nicht umfassend.. dennoch darf er als gedankliche Stütze für andere Aktive wie Passive in  den Seilen dienlich sein.

Dieses Jahr habe ich durchaus einiges an schönen Erfahrungen  während einiger Workshops erleben dürfen.

Doch stets da wo Licht ist herrscht auch Schatten.